ぱ、ぴ、ぷかぷか。

翼はなくても夢の空は飛べるよね

6月のこと。

自分の備忘録のために書くね。
結構具体的に書いているし、思い出しちゃう人も多いと思うから、見たくない人はスルーしてください。


6月1日
私のTLに「小山 加藤 音声」っていう動画が流れてきた。
みんながコヤシゲのことでざわざわ騒いでて、何があったのがよく分かってなかったんだけど、それを見て、事情を把握した。
実際聞いてみたら、声は本物の慶ちゃんで、録音されてるの怖いと思った。でも、同時に、こんな騒ぐことか?って思ってた。
女の人の名前を呼んでたから、女関係でざわざわしてるんだと思った。
こんなんで付き合ってるかなんて分かんないじゃん?!って、くだらないなって、その時の私はこう思ってた。

でも、その女の人は未成年だって分かった。
正直、えっ声だけでなんで分かるの??って思ったし、本人も肯定してないみたいだったから
今回は黙ってスルーすればいいよねって思ってた。お酒かもどうかよく分かってなかったしね。学校でも噂は広げたくないから黙ってたし、ツイートもしなかった。





6月6日
文○に次の日この件が載ることになった。
トレンドに小山慶一郎とか、慶ちゃんとか飲酒強制とかがすごい勢いで、入っていて。
ファンでもない外野の人達や、ファン(アンチ)が、もう終わりじゃん。とか、NEWSはテゴマスだけでいいじゃんとか、検索したら心を傷つける言葉がたくさん散らばっていて。

慶ちゃんやシゲが今まで積み上げてきた努力とか、知らないくせして何言ってるんだよってイライラしたし、とにかく悔しかった。

でも、それよりも、彼らのファンだと名乗っていながら、中傷的な言葉を吐いてる人を見て、腹が立った。ファンという看板を持ち上げながら、そんなことを発信してるなんて、無責任にも程がある。そういう人達の意見がいかに外部の人に影響を与えるか分からないの??

学校に行ったら、色んな人にヤバイねとか、心配してくれる(?)人がいて、こんなに広がってしまっていることを実感して、悲しかった。

彼らのたくさんの長所より、悪いところの方が知られてしまったのが悲しかった。






6月7日
文○を読んだ。(立ち読み)


揺らいだ。
今まで一生懸命応援してた慶ちゃんは、幻だったのか。
プライベートではこうなのかな。
ショックだった。
読んでない人がいたとしたら、本当に読むことをお勧めしない。
今まで応援してた気持ちじゃ、ちょっと無理かもしれない。そう思ったりした。


でもさ、一回考えてみようよ。
写真とか動画とか、そういうのは作ろうとしても、それは限りなく不可だ。
だいたいそういうものは真実だろう。


じゃあ、言葉はどうだろう。
悪いように書こうと思えば、いくらでも作り話をすることは可能だ。

しかも、文○が、相手にとって有利となるような情報を書く訳がない。


そんなのに騙されるな!私!って思ってた。
でも、その揺さぶりは、music dayまで引きずってたんだけど



学校の帰り道、Twitterを開いた。
トレンドの1位には"活動自粛"という言葉
聞いたことのない言葉だった。

慶ちゃんが活動自粛した。
その事実を簡単に信じられなかった。
というか、何が起こったか分からなくてパニックだったし、不安で鳥肌が一瞬で立った。
FCメールでも、慶ちゃんの自粛した件について何も来てなかったから、状況が分からなかった。

家に帰ってきて、慶ちゃんがevery.で謝罪して、活動自粛すると言ったことを知った。

カメラに納められない程に深く頭を下げた慶ちゃんを見て、悔しさが止まらなくて涙が出た。
年齢を偽った本人はとどめられないの?
年齢ちゃんと分かっていたら慶ちゃんだって、そんなことしなかったはず。
悔しくて悔しくて。

慶ちゃんが悪くないだなんて1mmも思わないけど、そもそも盗聴されてたところからおかしいはずなのに、それについては全く触れられないことに腹が立った。


しかも女性セ○ンには、コヤシゲが女性と飲んだのを認めた上で、メールの履歴から、彼女が20歳だと認めてたことが分かった。


もう、なんなんだよ。
なんでこんなことになっちゃったんだ。

プロ意識が足りないっていう人もいたけど、逆にプロ意識ってなんだよ、何が基準なんだよ。
だいたい、今までのライブとか、ラジオとか、公の場での彼らの行動が判断されるべきなのに、おかしいでしょ、そんなの。




6月8日
あの件について触れるんだろうな。
そうだよね。。。

ビビットでシゲが謝罪した。
まっすぐこちらを見つめて。
一つ一つ言葉を噛み締めて。

未成年だと気づいたのは、ネットに上がってるのを見てからと聞いて、気づかずにひっそりと静かに起きていた事件ほど怖いことはないなと、身が震えた。

ビビットメンバーの方々が、厳しくも優しく声をかけて下さって。
ああ、こんなふうに声かけられたら、私泣いちゃうよ。
きっと今までのシゲの行いが、ビビットメンバーにはちゃんと伝わってるから、こんなにも優しいんだ。

でも、今は絶対シゲちゃん泣いちゃいけない立場だよね。
申し訳なさと、後ろめたさで、うつむきながら涙をこらえてたシゲ。
私も悔しいよ、シゲ。
でも、頑張るしかないんだよね。
君らが頑張るなら、私はずっと応援するよ。


彼らのしてしまった行動について、色んな芸能人の方が意見した。

大体が彼らの味方側の声で、少し嬉しかった。

アッコさんは、昔一緒に飲んで酔いつぶれた時の自分を介抱してくれたのは慶ちゃんだと言ってくれたし。

ヒロミさんは、シゲと一緒に飲みに行ったこと何回もあるけど、酔っぱらった時は寝ちゃうようなかわいい子で、すごく真面目だと言ってくれた。

すごく嬉しかった。味方がこんなところにもいると知って。

自分が彼らを応援してるのは間違っていないと言ってくれた気がして嬉しかった。

その事件後、FCメールが一切送られなくなった。出演番組の情報ですらメールが届かなかった。

ジャニーズのメイクとかの関係者っていう本物かどうか謎のアカウントがTwitter上に出現したり。

てごが解散を望んでるとか、色んなデマが流れて。

Kちゃんnewsは一度、放送されなかったけど、2週間分まっすーがソロで担当してくれた。
コヤシゲの件で謝罪があって。
でも、それ以外の時は、いつものマスヒツみたいにやってくれて。"ふつう"でいてくれるまっすーが、全てを察してくれているようで、優しくて。
ラジオのメールの宛先は...の時、まっすーの慶ちゃんに対する愛が感じられて、それだけで感動したな...。




6月13日
てごのカラオケ動画が文〇に載った。

この時、コヤシゲの件で騒ぎすぎちゃった自分らを反省して、NEWSファンは静かにしていようと努めてたんだよね。

だから、私はそんなことがあったなんて、文〇発売直前まで気づかなかった。

この件で、某Gファンから批判を浴びちゃうのはしょうがないと思ったけど、それと同時にその人達からのNEWS解散の声が大きくなったのも事実。

めちゃくちゃ私的な話だけど、コヤシゲの件が起きた時、誰よりも一番に心配してくれたのは、その某Gファンの友達だったし、一部の某Gファンの意見を聞くだけでそのGのイメージを下げちゃうのはダメって分かってた。自分にも言い聞かせてた。

でも正直、Twitterを見ていて、そのGの写真をアイコンにしている人のツイートを見るのが怖くなってしまったりしたこともあった。

NEWSファンのはずなのに、私はずっとファンで応援してたけど、もう解散でいいと思う。増田さんに迷惑とか言う人もいて。

少プレも6月の分は放送されなかった(結局8月に放送されたけど)し、今後続けるかどうか、検討中みたいな感じだったから、唯一の全員のレギュラー番組を守るために、ファンがたくさんハガキを書いたり、要望メールを送ったりした。

なんだろう。
今振り返っても思うけど、あの時一番辛かったのは、彼らのしてしまった行動に対してじゃなくて、私の大好きな人が侮辱されたり、人格を否定されたり、勝手に裏切られたと正義ズラして、彼らの悪口を楽しそうに話してる人が嫌でも目に入ってしまったことだった。




6月23日
TS PLAYでのNEWSの曲放送の回があって。
私は事件後、NEWSの曲を聞かないことで現実逃避をしていたから、久しぶりにNEWSの曲を聞いて。
いいなあって思った。やっぱ好き。
最後にファン投票で選ばれたあの曲が流れて。
イントロを聞いただけで全身に鳥肌と震えが出て。こんなこと初めてだった。
僕は誓うよ。一切引かないし、一切負けない。
っていう歌詞が、心の中で響いて。
NEWSって素敵だなってしみじみ思ったんだ。
あの時、このラジオを聞いていて本当に良かった。




6月26日
慶ちゃんが活動復活。
辛かったけど、思ったより短くて良かった。
でも、これ以上休止しちゃうとBLUEにも悪影響だし、慶ちゃん活動休止=NEWS活動休止みたいな感じだったから、活動再開には調度なタイミングだと思った。(そういう点でもこのタイミングにBLUEの仕事を持ってきてくれたてごに感謝)
FCメールに謝罪が載っていて。
覚悟はしていたつもりだったけど、everyはしばらく出れないと聞いて、すごくショックだった。




6月27日
そしてBLUE発売。
てごはW杯の番宣で、まっすーは舞台の宣伝で、たくさんテレビに出ていたのに、BLUEの宣伝は一度もさせてもらえなかった。
アドトラも走らないし、CMも慶ちゃん復活までは全然流れなくて。

音楽番組にもBLUEでは結局2回しか出てないんだよね。

すごくいい曲なのに、知ってもらえないのが悔しくて悔しくて。

だから、日テレのW杯の曲めっちゃいいって言われてたのに、NEWSが歌ってることはあんまり知られていなくて。

だから、VS嵐でまっすーが出演した時に初めてBLUEの宣伝が出来たんだけど、櫻井君に促されて2回宣伝させてもらったんだよね。その時、櫻井君の優しさとか、宣伝できた嬉しさで涙が出ちゃった。

それに、たくさんのNEWS担がbillboardランキングにBLUEを一位にするためにめちゃくちゃRTとツイート頑張ったり、オリコンランキングで一位を取るためにCD爆買いしたりして。

この時ばかりは流石に私もまずいと思って、CDショップにダッシュしたのが懐かしい笑




7月3日
活動開始後、初のKちゃんnews。
慶ちゃんソロだった。
まずは、今回の件の謝罪で。
久しぶりの慶ちゃんの声を聞いて、キャスターを長年続けてた故に染み付いた喋り方は、努力の結晶なんだろうけど、everyにしばらく出れないと聞いていたから、すごく悲しかった。




7月7日
Music day
活動開始後初めてのTV出演。
ラジオはファンが聞くものだけど、テレビは大勢の人、ファンでない人も見るから、すごく怖かった。
次はNEWS!とカメラを回した瞬間、慶ちゃんが黒髪で、頭を下げてる様子が映って。
そんな慶ちゃんをハグしてあげたかった。
大丈夫だよって側に行って言ってあげたかった。
だけど、そうしないといけないのも分かっていたから、慶ちゃんに全力で力を注ぎ込む感じで、テレビを見てた。
羽鳥さんや、櫻井君の優しさに胸が熱くなって。
シャッフルメドレーで慶ちゃんの歓声が大きかったの嬉しかったな。
「生きろ」で全身全霊を込めて歌うNEWS、めちゃくちゃかっこよくて最高だった。


頑張れ、NEWS 。
大好きだよ、NEWS 。
まだまだあの時の影は残ったままだけど、私はNEWSを応援したい。












[追記]
なんだかこのブログを書いたっきり、自分の意見がただただ楽観的で、現実を見ていなくて、こんなブログが色んな人の目に晒されていいんだろうかって不安になってしまって、しばらく思うように筆を取れなかったんだよね。

現実を見れていないっていうのは、私の悪い癖だし、色んな人の意見を見て、あの事件についての今の私の考えは少しずつ変わっていたりするけど、この記録はあの時の自分の考えとして変えずに残しておこうかなと思ってます。

だから、これからこのブログは誰かに語り掛けたり読んでいただく前提で書くんじゃなくて、自分の気持ちのメモ(?)として記録しようって思ってます。


これからも宜しくお願いします。

2019/1/15